運動の秋🍁【コスモスひろせ保育園】

ニュース&トピックス

コスモスひろせ保育園

運動の秋🍁【コスモスひろせ保育園】

 

運動会に向けた取り組み

 見上げる空にトンボが飛び交い、朝夕の肌寒さに秋の気配が感じられるようになってきました。秋晴れの空の下、コスモスひろせ保育園の子ども達はそれぞれの運動会に向けて元気いっぱい踊ったり年齢に合わせた運動を取り組んできました。9月28日にはひかり組(0歳児)、そら組(1歳児)、にじ組(2歳児)の運動会が行われました。10月1日にはほし組(3歳児)、つき組(4歳児)、たいよう組(5歳児)の運動会が行われます。今回は運動会の練習風景の一部をご紹介したいと思います。

『はらぺこあおむし』になっての親子競技、ちょうちょのカートに乗ってゴールへ向かいます。
ひかり組(0歳児)
クラスのみんなで作った衣装を身に付けて、より張り切っています。そら組(1歳児)
『忍者』になりきることができる親子競技、楽しんで取り組んでいます。にじ組(2歳児)
かけっこの練習は毎回全力で駆け抜けています。 ほし組(3歳児)
動きを揃え、青空に映えるスティックが格好いいです。つき組(4歳児)
全員でタイミングを合わせパラバルーンが膨らみました! たいよう組(5歳児)

 運動会本番を前に互いの取り組みを披露し合う見せ合い会も行われ、たくさんの拍手や友達からの『すごいね。』『綺麗だった!』の賞賛の声に一層やる気も増していました。

 子ども達にとって運動会は自分の好きなこと、頑張りたいと挑戦してきたことをお家の方に近くで見てもらえる機会です。これまでの子ども達の頑張りや楽しさ、成長を肌で感じていただけたらと思います。

 総合防災訓練

 また、防災の日である9月1日には総合防災訓練を実地し、宮城消防署の方にも来てもらい火事が起きた時を想定した避難訓練も行いました。日頃から伝えている『お.は.し.も』の約束を守りながら素早く避難することができました。消防署の方から火遊びはしないことを教わりながら、消防車も見学。その大きさや様々な機械に目を輝かせていました。

 保育園では毎月、火事に限らず地震や水害、不審者に対する訓練等も様々な時間帯や曜日に行っています。全クラスが参加することで、何かあった時に保育士の元に集まることから、自分で考え『お.は.し.も』の約束を守るようになり年齢毎に訓練を積み重ねています。これからも訓練を通し避難行動を身に付けながら身の安全を守ること、命の大切を学んでいきたいと思います。