□□おまつりごっこ~続編~□□ 【YOU鐘木こども園】

ニュース&トピックス

YOU鐘木こども園

□□おまつりごっこ~続編~□□ 【YOU鐘木こども園】

先日のたいよう組から始まったおまつりごっこの続きです。

前編をご覧になっていない方は是非そちらからどうぞ。

お楽しみのポスターをホールの壁に掲示していたたいよう組の女の子たちがいました。何が始まるのかな?と興味津々で追ってみると…

ひかり組で、保育者のピアノに合わせてお歌披露の真っ最中でした。

何かというと…

からおけちけっと

そう、カラオケ大会の会場だったのです!

「おまつりといったら、カラオケもあるよね!」と言って着々と準備を始めて、実際に大会を開催するに至った女の子。

実は、歌っている子のうちの一人は、去年の地域の夏祭りでカラオケ大会に参加し、ステージに上がって大勢のお客さんの前で歌った経験があるのでした。

そこから生まれたのが、”お祭り=カラオケ大会”という発想というわけなのです。

見て下さい!この堂々たる歌唱姿!(笑)

過去の経験をさかのぼって、それをもとに自分なりの形で再現し、友だちと一緒に”遊び”に展開する力。

もちろん、この子たちのそういった力の伸びにも驚かされますが、同時に、いかに普段の経験が大切かという事にも気付かされます。その季節ならではの様々な体験が、その後の子どもたちの生活をも彩っているのですね。

一緒に手拍子で歌うひかり組さん。

ちなみに、この時カラオケで披露された曲は『おもちゃのチャチャチャ』。お客様のひかり組さんも一緒に盛り上がれる選曲なのも、ナイスな演出です。

(余談ですが、ピアノを弾いている保育者は歌っている子たちの昨年度の担任だったので、打ち合わせなしのぶっつけ本番だったそうですが、バッチリ息が合っていました)

フィナーレは、手作りの打ち上げ花火!前回の記事内で触れた”秘密の計画”はこれでした。

「ひゅ~~~…」という声とともに上がるのは、折り紙で作った火花。直後にカラフルに描かれた画用紙の花火が上がります。

小さい子を喜ばせようと、各クラスを回って花火を打ち上げてくれたたいよう組さんのおもしろアイディアに、拍手ですね!