おさかないっぱい釣れたよ【真野第1保育園】

ニュース&トピックス

真野第1保育園・地域子育て支援センターまのワンピース

おさかないっぱい釣れたよ【真野第1保育園】

雨が降る日が続き、思うようにプール遊びが出来ない日々ですが、それでも室内で好きな遊びを思う存分楽しんでいます。21日午前の遊びで子どもが「せんせい、みて」と嬉しそうに磁石ブロックで作った物を見せてくれました。「なに作ったの?」と聞くと「つりだよ」と返事があり、作った磁石ブロックの色も教えてくれました。

ぼくのつくったつりざおだよ

保育者がさかなのイラストカードにクリップをつけ「おさかなさんあそびにきたよ」と言葉をかけると、「ええ!」と驚いてさかなの周りに集まる子どもたち。「たこさんいるよ」「かわいい」と喜んで、磁石ブロックの場所まで行き自分の釣りざおを作り始めました。釣れると「みて、○○ちゃんの(自分の名前を言い)おさかな」と満面の笑みで嬉しそうに話していました。

その中で「できないよ」と話す子どもがいると、周りにいる子どもたちが気づいて「くっつけるんだよ」「がんばって」とアドバイスをしたり応援したりしていました。お友だちを思いやる優しい子どもたちの姿に私たちも感動しました。また磁石ブロック以外のブロックを持ってきて「このブロックはつれるかな?」「これはつれないな」など子どもたちなりに考えながら工夫して遊ぶ様子も見られました。

釣れたさかなを持ち「おいしい」「もぐもぐしてるの」と椅子に座って食べる真似を楽しむ子どもたち。子どもたちの発想から広がった楽しい釣りの時間となりました。